履修者の声

受講生の体験記

元 原 孝 大(社会文化システム学科)

motohara

広がる視野、変わる価値観

私は、古着のグローバル化に関しての研究プロジェクトで、いかに自分の考えが狭かったのか、また物事に対して深く考えていなかったのかを気づくことができた。そのようなことを気づかせてくれたのは、やはり国内調査、海外調査である。
私はプロジェクトに入る前は、グローバル化の社会文化的側面に関する問題に興味を持っていなかった。特にテーマであった古着とグローバル化の社会文化的な問題に対してはこれまで考えたこともなかった。しかし、この研究プロジェクトは私にこれらの問題に対して興味を持たせてくれた。
私は2年間調査をし、多くの外国の方々と出会うことで、多様な文化や価値観を知ることができた。今までの私は、なるべく人に関わらないように生活をしていた。しかし、このプロジェクトを通じて、私は、外国の方々と出会うことで、自分の考えが変化し、様々な人々との会話が楽しいものに変わっていった。私はこの心境の変化に大変満足している。これからも、私は多くの様々な国々人々と出会い、視野を広げ続けていきたい。

Widening and Changing My Perspective

I noticed how my perspective was so narrow that I did not consider things deeply through my domestic and oversea surveys in a research project on the distribution of secondhand clothes.
Before I joined the project, I was not interested in the socio-cultural issues in our world. In particular, I have never thought about secondhand clothes and the socio-cultural issues of globalization. But this research project made me to be interested in these issues.
I became acquainted with a lot of foreign people during two years of survey, and could know a variety of cultures and values. As a result, this experiences have changed my way of thinking and my sense of values―having open-mindedness and enjoying conversation with foreign people though I used to dislike making conversations with people . I feel happy to change my mentality. So I want to continue widening my perspective through meeting many foreign people from now on.

斉 木 駿 (社会文化システム学科)

IMG_2218

二年間、私は古着の流通を通して、グローバリゼーションの社会的側面を学びました。調査は日本、マレーシア、タイで行いました。私は、調査中の不測の事態をある程度、予測できるようになりました。私は何度も調査内容を考え直しました。その過程で、何度も本当に知りたいことは何なのかを考え、それを明らかにするためには何を聞く必要があるのか、その答えを得るために適した質問は何かを考えました。何度もこの作業を繰り返したため、報告書を書く際には、調査目的と調査過程をしっかりと理解していたため、班員には論理的に情報を共有することができました。伝える際には、自分の考えを文章化する、簡単な図を作り、わかりやすくまとめることができました。自分の考えをわかりやすく共有するということは昨年度ではできなかったことなので、自信を得ることができました。
この活動を通して自信を持つことができたので、ここでの活動はとても有意義なものになったと思います。

I have studied about the socio-cultural aspect of globalization through the distribution of secondhand clothes for two years. Through the field survey on this theme in Japan, Malaysia and Thailand, I became to able to forecast the progress of survey. For example, when I faced with unpredictable cases during my survey, I reconsidered my research questions many times. 
Through this process, I repeated to ask myself what I really want to know, what I need to listen to, and what is the best suitable question in a given situation. As a result of these repeated questions, when I wrote the research report, I could explain what I was thinking logically to my members of the survey because I really understand the meaning of research questions and the process of my research. For example, I could gather materials―which I acquired in my research―such as document and numeric data in logically and clearly through making graph and table.
Though I could not share my idea logically at the first year of this survey project, I grow up mentally and I could have confidence through these experiences. Therefore, I really appreciate the on-site learning curriculum in my department.

担当教員

教員名 教員ローマ字 職名 専門分野 関連サイト
植野弘子 Hiroko Ueno 教授 文化人類学 詳細ページへ
長津一史 Kazufumi Nagatsu 准教授 東南アジア地域研究、文化人類学 詳細ページへ
松本誠一 Seiichi Matsumoto 教授 人類学、韓国研究 詳細ページへ
三沢伸生 Nobuo Misawa 教授 中東社会経済史 詳細ページへ
山本須美子 Sumiko Yamamoto 教授 文化人類学 詳細ページへ
間瀬朋子 Tomoko Mase 助教 社会経済論、東南アジア地域研究 詳細ページへ

参加学生

3年生:大谷さくら、小澤加奈恵、鈴木規隆/2年生:赤井響、伊藤翔、大谷怜士、太田美里、小川由羽、神戸菜生、坂井悠太郎、荘司香織、杉本楓太、関田世理奈、丹野凪彩、富澤佳那子、久恒耀、三輪耕平4年生(オブザーバー)今枝晃一、斉木駿、元原孝大