プロジェクト紹介

エビの向こうに何かを見よう!―――モノ研究で識る世界と日本

みなさんはエビが好きですか?日本に暮らす私たちはひとり当たり年間2キログラム以上のエビを食べています。わたしたちが食べるエビの大半は、海外産です。海外産とはどこ産なのでしょうか?どこのだれがどのようにわたしたちの食べるエビをつくっているのでしょうか?

国際理解分野では、日本(例えば買う、食べる)と世界各地(例えば生産する、加工する、売る)で展開する社会的・文化的現象がどのように関連しているのかを、エビをテーマとするフィールドワークを通じて理解します。政府や大企業による国際関係ではなく、身近なモノとしてエビを消費するわたしたちとエビをつくる海外の人びととの「ささやかな」関係(=民際関係)から、現在の世界の仕組みを感じ取りましょう。

特定のモノをつうじて、その生産地の問題がグローバルした世界の問題であり、わたしたちの暮らしに直結した問題であることに気づくことが国際理解分野の一大目的です。そのために、歩き、見、聞くというフィールドワークを実施します。

国内での小さなフィールドワークの積み重ねにより、日本に暮らすわたしたちが主に他国・地域で生産されたモノ(エビ)を消費していることを実感し、さらにその構造を頭で理解したのちに、今度はその生産地(インドネシア)を訪問し、生産現場を見学したり、生産者の話を聞いたりするスタディツアーに出かける予定です。

◆現場を歩き、見、そこにある声を聞くというフィールドワークをつうじて、グローバル化した世界の問題に気づき、それを自分の問題としてとらえられるようになりましょう。

◆フィールドワークの基本を身に着けましょう。フィールドワークを楽しみましょう。

◆仲間といっしょに積極的にフィールドに飛び出し、自分で問題を発見しましょう。

2016年度のスケジュール

春学期

1 オリエンテーション(受講生による自己紹介、今年度の方針・スケジュールのお知らせ)
2 モノ研究とは?
3 インドネシア調査の準備として、どんな国内調査ができるか?日本でインドネシアを知ろう!
4 国内フィールドワーク1
5 国内フィールドワーク2
6 国内調査の振り返り(報告、ディスカッション)
7 国内フィールドワーク3
8 国内調査の振り返り(報告、ディスカッション)
9 キャリア分野との合同クラス(エビとコーヒーから考える / 専門家を招いて)
10 フィールドワークの技法1
11 フィールドワークの技法2
12 関連文献講読1
13 関連文献講読2
14 国内調査と来たるインドネシア調査とのつながりを考える
15 春学期まとめ

秋学期

1オリエンテーション
2 フィールドスタディの準備(調査内容、聞き取り項目、調査手順の確認1)
3 フィールドスタディの準備(調査内容、聞き取り項目、調査手順の確認2)
4 フィールドスタディの準備(調査内容、聞き取り項目、調査手順の確認3)
5 フィールドスタディの準備(ワークショップや交流会などの準備1)
6 フィールドスタディの準備(ワークショップや交流会などの準備2)
7 フィールドスタディの準備(ワークショップや交流会などの準備3)
8 フィールドスタディの準備(ワークショップや交流会などの準備4)
9 フィールドスタディの準備(インドネシアエビ養殖地域に関する事前学習1)
10 フィールドスタディの準備(インドネシアエビ養殖地域に関する事前学習2)
11 フィールドスタディの準備(インドネシアエビ養殖地域に関する事前学習3)
12 フィールドスタディの準備(調査内容、聞き取り項目、調査手順の確認4)
13 フィールドスタディの準備(記録 [写真、ビデオなど]に対する準備 / 出発に際する注意など)
14 フィールドスタディの振り返り(報告、ディスカッション1)
15 フィールドスタディの振り返り(報告、ディスカッション2) / 秋学期まとめ